読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向いた時の日記

忙しいけど書きたくなったら書く!

お茶の日

今日はお茶を500杯入れた。お茶とは煎茶だ。
地元の祭り、妙見祭の前夜祭、御夜でのこと。
水はわざわざ熊本の名水百選に選ばれた妙見中宮から汲んできた。
わたしはここの水が大好きで、この水を飲むと身体の中が浄化されていくような気になる。
この水をお茶として振る舞ったら絶対にみんな喜んでくれるはず!と思って、20リットル入りのタンク10個も汲んできたのだ。
あまりにも重いので若い子たちに休日返上でお願いし、運んでもらった。

そして、今夜、御夜と言われる妙見祭の前夜祭が始まり、私も言い出しっぺではあるものの、本当にみんな喜んでくれるのかは見てのお楽しみ!と思いつつ振る舞いをスタートしたのだ。
お茶葉の種類は玉露。妙見祭保存振興会会長からの協賛だ。
200年以上続く呉服屋の女将さんから煎れ方を教わりつつも次から次へとお茶を淹れる。
スタートすると同時に人が押し寄せてきた。やはりただのものには群がるのがこの地域の人たちの習性だ。
それにしてもたかがお茶なのに、お茶でもこんなにみんな期待して行列を作ってくれるなんて、少しびっくりした。
しかし、びっくりしている暇はない。
ただひたすらに私はお茶を淹れ続けないと追いつかないのだ。
そうこうしてる間にお湯が足りなくなり手伝ってくれたほかの女将さんが自分の店からあと2台の湯沸かしポットを持ってきてくれて大急ぎでお湯を沸かした。
その間も人は増え続け待っているお客さんは長蛇の列を作る。
お茶は熱過ぎては美味しくない。せっかく苦労して汲んだ名水が活きるように美味しく煎れたい。そのためには六十度ほどに冷ましたお湯で淹れなくてはならないが冷ます暇がない。
熱過ぎてもそこそこ美味しく飲めるように紙コップ半分位の量で配ると、みなさん美味しいと喜んでくれた。
100杯過ぎる頃から要領を得てきてからか、お客さんがおかわりを言ってくるようになった。ありがたい。
そして500杯、淹れ切った。
もう、私は煎茶マスターと言ってもいいのではなかろうか。
お茶の色、温度、量によって美味しさの変わる煎茶を独自に理解できたような気がしている。

振る舞いが終了したのはスタートしてから2時間後。この2時間、私はお茶の事だけを集中し分析し全力で立ち向かった。
終わった時の爽快感たるや半端なかった。

しかし、かの名水はポリタンク7個も余ってしまった。量を計算できていなかったのである。
まあ、明日からどれだけでもこの美味しい水が飲めると思えば、個人的に嬉しいことだけども。
今日磨いた煎茶の腕を錆びつかせないように、今後も煎茶を美味しく淹れることを続けていこう。
なんだか、ひとつ楽しみが生まれたな!

休日

久しぶりの二連休。
天気もまずまず。
母のお使いを済ませ、母とともに母方の墓参りを済ませたあとは、父方の墓参りと掃除にピーと2人で(一人と一匹)行った。
父方のの墓は、小高い丘の上にある。
坂道を歩いて登るのだが、途中狭い崖道を通る。
昨日の雨で地面は濡れているし、濡れ落ち葉が張り付いているので滑りやすい。
母は、実家の掃除をするからついてこなかったが、その道が滑るから気をつけろと言っていたことを思い出しながら慎重に歩いた。

前回の墓掃除は夏のお盆にやったので、そこまで草も生えてなかったし、30分くらいで大体の掃除は完了。
高箒で何度も掃いたが笹の葉や槙の葉がなかなか取れにくかったが。

その帰り道、ちょっとした藪を抜ける際、昨日トリミングしてとてもいい匂いになって綺麗な状態だったぴーは、見るも無惨な、バカが沢山耳や胸に張り付いてしまった!
あー、、また家に戻ったら一個ずつとってあけないとなぁ、、と思いながら狭い崖道を歩いていたその時、、
私がこけた。左膝を強打。
前から痛めている右膝じゃ無かったのがせめてもの救いだった。
母の忠告はわかっていたのに、避けられなかった。
これって何なんだ。
注意しててもこけるなんて。
しばらくのあいだ、倒れ込んでいた私にぴーは駆け寄ってきて心配そうにクンクンと鳴きながらオタオタと私の周りをうろつく。バカを沢山つけた顔で。
ぴーちゃん、やっちゃったよ。
でも、大した怪我でもなく、膝小僧を擦りむいたくらいだったので、立ち上がり車に戻った。
午前中の出来事だった。
午後からは益々天気も良くなり洗濯三昧。
部屋のマットも洗ったし、ドライで洗う洋服も洗った。
ぴーのバカも全部しらみつぶしに取ってしまった。
夕方、母を母の実家に迎えに行くまで、部屋の掃除をしたらゲームと読書をしよう。

my favorite things


音楽
映画
フィギュアスケート
ゲーム
易経
美味しい物


木漏れ日の森
すみれ

長崎
龍安寺石庭
教会
青空

ハワイ
川沿い
布団の中

白鳥山
長者原
サックスブルー
短歌
俳句
宇宙
ラジオ
ウォーキング
ジンジャーシロップ
洋服
温泉

悲しい時や落ち込んだ時は自分のお気に入りのことを考えよう、とサウンドオブミュージックの中でマリアは言った。

それで私も自分の好きな物を考えてみた。
きりがなかった。
ここに書いた物は一つ一つ更に広がっていく。
こんなにも自分を楽しくさせてくれる物があるんだなあと思うと、またまだ私は平和に暮らしているなあ。

独り言

突如襲われる孤独と不安と。
全く見えない先のこと。
世の中には誰一人として本当に私を理解してくれる人はいない。
理解しているふりをしながら皆んな生きている。
多くの人に支えられたいとか、認められたいとか、そういうのはどうでもいい。
たった一人だけでも理解してくれる人がいれば。約束を全うしてくれる人がいれば。
いつ私はそういうところへ行くことができるのだろうか。
とうとう行けないままに死んでいくのかもしれない。
本当はそんなことは夢の世界であって、生きている以上有り得ないのかもしれない。
だけど、そこまでいかなくても、そこに近い、そこにいると勘違いできるところにでも行ってみたいのだ。
勘違いは幸せだ。
幸せだと思うかどうかは自分次第だ。
今朝は目の前の空気が切り裂かれていくような錯覚がある。
時間は流れる。特にこれからはいろんなことを巻き込んで濁流のように大きなうねりが起きていくような予感がする。
そういう状況で自分を保つのは益々厳しくなるかもしれないけど、試されるのだろう。
幸せかどうか、思えるかどうかは自分次第。
一つ一つの出会いが益々大事になってくる。全てを見逃さないように気をつけなくてはならない。慎重にならなくてはいけない。意識を高めなくてはいけない。神経を研ぎ澄まさなくてはいけない。見極めていかなくてはならない。そして行動しなくてはいけない。
ただ一つの愛と思えるものを見つけるために。

ぴーのこと

ぴーはミニチュアダックスのブラックタン。雄で13歳。
性格はビビリの内弁慶。でもとんでもなく素直で優しい。
犬の13歳は人間の70歳くらいという。
でも、まだまだ遊びたくて仕方ない、やんちゃな小学生のよう。

とにかく独りが大嫌いで誰かと一緒に居ないと不安になるぴー。
それなのに、私の仕事は不規則で、朝は早く夜は遅い。
ぴーと一緒にいる時間が少ない。
いつも、夜中に帰ると、待ってたんだよー!と言って怒って出迎えてくれる。
出かける時は、いつも寂しい目をして私を見送る。自分を抑えて私が居なくなるのを黙って見送ってくれる。

大好きなぴー。
あとどれくらい一緒にいれるのかな。
できる限り、一緒にいるようにするから、長生きしてほしい。
優しい優しいぴー。
最近は耳が遠くなってしまって、私が帰ってきても物音に気がつかなくなった。
玄関にいつも出迎えてくれたのに、私が部屋まで行ってぴー呼んで初めて私が戻ったことに気づく。
歳をとったね。
犬の時間は人間の6倍早いという。
そんなに早く生き急がないで。
まだ、一緒に行きたいとこがいっぱいあるんだから。
できれば、私の仕事が自宅でできるような仕事にして、ぴーの留守番を減らして、できる限りはぴーと一緒に居る時間を増やしたりとかしたい。
今までで大きな病気と言えば、腰のヘルニアくらい。でも、二週間くらいで痛みもなくなり今はすっかり腰痛は無いようだ。
ほんとに建康に今まで生きてきてくれた。
食が細いのが心配なくらいだろうか。
ぴーは、動物なのに動物らしい欲がない。つまり、食欲が小さい時から少ないのだ。
例えば、人のものまで取って食べようとはしない。そして、むしろ食欲より大事なことは精神的なことのようなのだ。
すごく神経質なタイプではあると思う。
餌がトレイにあっても、食べなかったりする。そんな口綺麗なぴー。

急に最近寒くなったからか、今朝から調子のわるいぴー。
年齢も年齢なのですごく心配になる。
もし、このまま治らなかったら、、とか、、最悪のことを考えてしまう。
そんな時、私はぴーに何もしてあげてないことを振り返る。
もっと、ぴーが元気で若い時に何故もっと遊んであげなかったのか。自分のことばかり優先してついて回るぴーに留守番させて目先の楽しみに興じてしまったのか。
どんなにか、かけがえのないぴーなのに。
何とか、まだまだ元気でいて欲しい。
一緒にまた、海に行こうよ。
ぴーの大好きな海に!
そして、また一緒に泳ごう!
来年の夏はまた、牛深に行こう!
茂串海岸でフナムシを追っかけていいから!
その願いを、
今、病床のぴーにむかって念じている。

やつしろ全国花火競技大会




球磨川河川敷はアジアの大屋台村だった。

珈琲家


レトロ感が懐かしくて、カウンターには定年後の男女が、一人で来て新聞読んだり本を読んだりして過ごしてる感じの喫茶店。

特にこの、銀の器。生クリームが入っていて、お好みでコーヒーに入れる。

この窓は、本当に美しい。
ランチも人気。

営業時間 9時〜22時
定休日 火曜日
住所 八代市大手町1-9-14
電話 0965-34-7009