読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向いた時の日記

忙しいけど書きたくなったら書く!

商店街奮闘記の終了

ついに、今月末で私のライフワークとまでなった商店街活性化活動が終わる。 正直離れたくない思いも多少はあるが、次に進む道に対する希望の方が大きくて、早くスイッチを切り替えたい思いが強いと思う。

この7年間を振り返って感じることは、商店街とは、行政とは、分かり合えなかったという不毛感。虚無感。しかし、自分としてはやれる事は全部やったという充実感。結果なんて何もない。なんとか現状維持できたくらい。

みんな、同じ方向を向いてなくて、形上だけ向いてるふりして、その旗振りが私。 私は心から活性化を願い、やれる事をやったが、周りから感じられることはその想いのかけらもなかった。 そんな、四面楚歌に近い環境の中で良くやったよ、私。

本気で取り組んだ7年間だったから、振り返ると感傷に浸って泣きそうではあるが、こんな思いを共有できる仲間が欲しかった。本当の意味で孤立無援の7年間。全てが無駄ではなく何もかもが私の血となり肉となりこれからの人生に活かせるだろう。

次のプロジェクトでは、同じ方向に手を繋いで突進できる仲間たちと、パワーの相乗効果を上げながら立ち向かえることを期待する。 もっともっと、ダイナミックに、やったことの手応えを感じたい。

身体に染み着き出した狭い世界の考え方をとっとと捨ててしまって、本当に大切な事を、お互いの意見をぶつけながら、高めあいながら前へ進んでいきたい。

やつしろぷれす、 始まります。