読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向いた時の日記

忙しいけど書きたくなったら書く!

休日

久しぶりの二連休。
天気もまずまず。
母のお使いを済ませ、母とともに母方の墓参りを済ませたあとは、父方の墓参りと掃除にピーと2人で(一人と一匹)行った。
父方のの墓は、小高い丘の上にある。
坂道を歩いて登るのだが、途中狭い崖道を通る。
昨日の雨で地面は濡れているし、濡れ落ち葉が張り付いているので滑りやすい。
母は、実家の掃除をするからついてこなかったが、その道が滑るから気をつけろと言っていたことを思い出しながら慎重に歩いた。

前回の墓掃除は夏のお盆にやったので、そこまで草も生えてなかったし、30分くらいで大体の掃除は完了。
高箒で何度も掃いたが笹の葉や槙の葉がなかなか取れにくかったが。

その帰り道、ちょっとした藪を抜ける際、昨日トリミングしてとてもいい匂いになって綺麗な状態だったぴーは、見るも無惨な、バカが沢山耳や胸に張り付いてしまった!
あー、、また家に戻ったら一個ずつとってあけないとなぁ、、と思いながら狭い崖道を歩いていたその時、、
私がこけた。左膝を強打。
前から痛めている右膝じゃ無かったのがせめてもの救いだった。
母の忠告はわかっていたのに、避けられなかった。
これって何なんだ。
注意しててもこけるなんて。
しばらくのあいだ、倒れ込んでいた私にぴーは駆け寄ってきて心配そうにクンクンと鳴きながらオタオタと私の周りをうろつく。バカを沢山つけた顔で。
ぴーちゃん、やっちゃったよ。
でも、大した怪我でもなく、膝小僧を擦りむいたくらいだったので、立ち上がり車に戻った。
午前中の出来事だった。
午後からは益々天気も良くなり洗濯三昧。
部屋のマットも洗ったし、ドライで洗う洋服も洗った。
ぴーのバカも全部しらみつぶしに取ってしまった。
夕方、母を母の実家に迎えに行くまで、部屋の掃除をしたらゲームと読書をしよう。