読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向いた時の日記

忙しいけど書きたくなったら書く!

折々の詩

「思いは うつりかわり うつりかわり  かげろうのよう ひとつの事を 考えつめようとしても もう次の考えに うつってしまいます 外のけしきが一日一日と うつりかわってゆくからです

おばけのような桜が おわったとおもうと 遅咲きの八重桜 すみれや れんぎょう 花厨王 黄色い山ぶき 雪柳 なんとすごい  なんとすごい  季節でしょう」         大島弓子綿の国星』 

なんとすごい季節はもうそこまできている。 この季節になると必ずこの一節を思い出しては読み返す。 大島弓子の感性が好き。 チビ猫の眼に映る世界が、すごくリアリティがあって、 一方では猫の一生の短さに気づかされる。